子どもに関わる仕事

講義

小さな子どもが好きで、幼稚園教諭や小学校教諭になりたいという人も多いことでしょう。 幼稚園教諭になるためには、幼児教育を学ぶことができる短期大学以上を卒業しなければなりません。ほとんどが幼稚園教諭の免許と併せて小学校教諭の免許を取得する場合が多いのではないでしょうか。 幼稚園教諭の場合、文部科学省の管轄になりますから、同じ仕事のように思える保育士とは違います。保育士は厚生労働省の管轄であり、細かく言えば幼稚園が教育の場であるのに対し、保育所は保育する場であると言えるのです。 以前は、短期大学卒業の幼稚園教諭が多かったのですが、最近四年大学卒業の人も増えてきています。四年間学んだ知識を十分生かせることができます。

今まで幼稚園教諭は、若い女の先生というイメージやそうなければならないといった固定観念がありました。 しかし最近は、結婚しても仕事を続ける女性が増えてきたことと、ベテランの先生には子どもをしっかり教育してもらえるという安心感から、担任ではなくてもベテランの先生が主任として、若い先生をサポートする体制の幼稚園も増えています。 子育て経験があればなおのこと、子どもや親の気持ちもわかり、教育がより充実したものになるからです。 幼稚園の現場では、常にいろいろなことがあり、いろいろな場面に遭遇します。大学の勉強だけではわからないことも、実践を通して気づくこともあります。 そうやって一人一人が一人前の素晴らしい幼稚園教諭になっていくのです。